• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#freeze
#contents

*はじめに [#kc7ae411]
いきなりですが、デバイスドライバを作ってみましょう~
と言っても、表題の通り、ここでは開発ツールのインストールと、サンプルプログラムのコンパイル方法のみ紹介します。~
~
今後、USBゲストツールを(できれば^^;)紹介していきたいと思っているので、その下準備です。

*DDKのダウンロード [#l4330ba7]
こちらのサイトからダウンロードします。~
''Windows Server 2003 SP1 DDK''~
http://www.microsoft.com/japan/whdc/DevTools/ddk/default.mspx
~
~
*インストール [#s5c5d386]
ISOイメージなので、仮想CDドライブソフトを用いて、マウントします。~
ここでは詳細は割愛します。~
~
参考
-http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/536vcdrom/vcdrom.html
-http://msdn.microsoft.com/subscriptions/faq/
~
~
~

今回は、'''D:\usr\WinDDK\''' にインストールしたものとします。


*試しに一つコンパイルを [#jbfe93bc]
**まずは環境変数の設定 [#v7802c39]
コマンドプロンプトを開いて、以下のディレクトリに移動します。
 D:\usr\WinDDK\3790.1830\bin\x86\
コマンドラインから、以下のコマンドを実行します。
 > setenv.bat D:\usr\WinDDK\3790.1830\
これで環境変数の設定は完了です。

**サンプルのコンパイル [#w6aca86b]
以下のディレクトリに移動
 D:\usr\WinDDK\3790.1830\src\wdm\usb\usbview
~
コンパイル
 > D:\usr\WinDDK\3790.1830\bin\x86\nmake.exe makefile
~
コンパイル済みファイルは、以下のフォルダに作成されます。
 D:\usr\WinDDK\3790.1830\src\wdm\usb\usbview_\objfre_wnet_x86\i386\
~
''usbview''の実行
 > cd D:\usr\WinDDK\3790.1830\src\wdm\usb\usbview_\objfre_wnet_x86\i386\
 > usbview.exe
現在接続されているUSB機器の一覧が表示されます。


*Appendix [#nbffaf28]
-nmakeコマンドのヘルプを表示
 D:\usr\WinDDK\3790.1830\src>D:\usr\WinDDK\3790.1830\bin\x86\nmake.exe /?
 
 Microsoft (R) Program Maintenance Utility   Version 7.00.8882
 Copyright (C) Microsoft Corp 1988-2000. All rights reserved.
 
 Usage:  NMAKE @commandfile
         NMAKE [options] [/f makefile] [/x stderrfile] [macrodefs] [targets]
 
 Options:
 
 /A Build all evaluated targets
 /B Build if time stamps are equal
 /C Suppress output messages
 /D Display build information
 /E Override env-var macros
 /HELP Display brief usage message
 /I Ignore exit codes from commands
 /K Build unrelated targets on error
 /N Display commands but do not execute
 /NOLOGO Suppress copyright message
 /P Display NMAKE information
 /Q Check time stamps but do not build
 /R Ignore predefined rules/macros
 /S Suppress executed-commands display
 /T Change time stamps but do not build
 /U Dump inline files
 /Y Disable batch-mode
 /? Display brief usage message

-"setenv.bat"のオプション
 D:\usr\WinDDK\3790.1830\bin>setenv
 
 Usage: "setenv <directory> [fre|chk] [64|AMD64] [hal] [WXP|WNET|W2K] [no_prefast] [bscmake]"
 
   By default, setenv.bat will set the environment variable NO_BROWSER_FILE.
   Using the "bscmake" option will cause setenv.bat to not define this variable.
 
   Example:  setenv d:\ddk chk        set checked environment
   Example:  setenv d:\ddk            set free environment for Windows Server 2003 (default)
   Example:  setenv d:\ddk fre WNET   Same
   Example:  setenv d:\ddk fre 64     sets IA64 bit free environment
   Example:  setenv d:\ddk fre AMD64  sets AMD64 bit free environment
   Example:  setenv d:\ddk fre WXP    sets free build environment for Windows XP
   Example:  setenv d:\ddk hal        sets free hal environment
   Example:  setenv d:\ddk fre hal    Same


**参考 [#hd368954]
http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/usb_ddk/


RIGHT:2006-10-08 (日) 01:35:07
----
[[Prog]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS