はじめに

新しいスピーカを入手したのですが、YAHAだとパワー不足のため、 4cm程度のスピーカが駆動できるアンプを製作しました。

01_front.jpg

バッファーアンプには、LT1010を使用しています。 出力150mAですので、ちょっとしたスピーカを鳴らすには十分のパワーがあります。
ピン配置に注意すれば、TIのBUF634を使うこともできます。

回路図

アンプ部

03_curcuit_a.png

概ね、データシート通りの回路にしています。両電源を使用し、電圧範囲は±6〜12Vを想定しています。 L ch側も忘れずに作ってください。

電源部

05_curcuit_b.png

教科書通り(?)のレールスプリッタ回路です。
基準電圧は、R1・R2の金属被膜抵抗で、1:1に分圧して作ります。これで、入力電圧Eに対し、+E/2〜-E/2の両電源を作っています。
レールスプリッタ専用ICを使っても良かったのですが、しっかり電流を取り出せるようにするため、手元にあったパワーオペアンプLM675(3A出力)を使用しました。

実装

ユニバーサル基板

07_board_a1.jpg07_board_a2.jpg
07_board_a3.jpgアンプ基板の表面と裏面です。下段はテスト中の様子です。

ケースへの組み込み

09_case_1.jpg09_case_2.jpg
穴加工が終わったところですレタリングを貼り付けて、ラッカースプレーを吹き付けた後です
09_case_3.jpg09_case_4.jpg
ボリュームの配線部分ですケースの背面です。電源入力のターミナルがあります
09_case_5.jpg09_case_6.jpg
正面には、VUメータがあります。
デジットのコンパクトレベルメータ基板を使っています
組み込んだ後の内部の様子です

レールスプリッタ電源

11_case_1.jpg11_case_2.jpg
組み込んだ後の内部の様子です色々使い回したいので、電源出力の端子は陸式ターミナルにしています。

所感

13_front.jpg

2010秋からYAHAを常用していましたが、久しぶりに新しいアンプを作ってみました。
細かい紹介はしていませんが、VUメータを搭載したので、見た目に動きがあって面白いですね。

参考資料

2016-08-27 (土) 21:42:53

Elec

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS