Top / Elec / KitApp / パソコン電源連動テーブルタップ

はじめに

ヘッドホンアンプやミキサーなど、PCで音楽を聴くための環境をそろえましたが、
PCの電源のON/OFF状態と連動させるためのスイッチの製作を検討しました。

連動方法の検討


No方法考察採用
1市販の連動テーブルタップ値段が高い・・・なので自作。-
2PCの12V電源出力で外部リレーを駆動比較的お手軽ですが、パソコンの中に
機器を組み込む必要がありますので、取り回しが不便になります。
3PCのUSB電源5V出力で外部リレーを駆動これもお手軽な方法です。
USB電源出力で直接リレーを駆動しますが、
リレーコイルのサージ吸収のため、バリスタが必要です。
4PCのUSB電源5V出力でソリッド・ステート・リレーを駆動有接点リレーよりも小型で、大電流の駆動が出来ます。


今回は、”4”の方法で製作をしてみます。

01_front.jpg

回路図


02_curcuit.png



USBの電源出力を、SSRキットのDC入力につなぎます。
自作アンプの電源が、ほとんど12V数Aも無い程度ですので、 AC100V側は、途中にヒューズを挟んでおきます。
後でプラケースに組み込みますが、放熱がほとんど期待できないため、電流は十分に制限しておきます。

使用するキット


ソリッド・ステート・リレー(SSR)キット 25Aタイプ

03-02_parts.jpg


駆動する対象は、それほど電力は使わないので、ラインナップの中で最小容量の物を選択しました。

組み立て

パーツリスト

03-01_parts.jpg



No名称型番数量補足
1SSRキット25Aタイプ1秋月電子製のキット
2USBコネクタタイプA1パソコンのUSBポートに接続します。
4線のうち、電源(Vbus, GND)のみを使用します
3DCプラグ、ジャックφ2.1各1USBケーブルが、ケースから取り外しできるようにコネクタを用意しました。
4ミゼットヒューズホルダ1ケーズサイズにあわせて、小型の物を選択
5ミゼットヒューズ0.5A1接続先の負荷が小さいので、この程度で十分でしょう
6プラケースサイズ 65x45x401ブランド不明ですが。この程度の大きさであれば、格納可能です。
放熱をしっかり取る場合は、アルミケースを使用し、
トライアックの放熱版をケースに貼り付け固定することをおすすめします。
7ACプラグ付きコード7A用(0.75sq)1適当に安価な物を探します
8テーブルタップ3口タイプ1必要に応じて、口数を増減してください。
9SSRキット基板固定用ねじ・スペーサ各2スペーサ高さは5mm以上です



費用は2000円未満です。
市販の連動タップは、5000円弱程度ですので、大分安価になりました。

組み立て


ほとんど現物あわせになりますので、主要な写真のみとします。

04-01_assy.jpg04-02_assy.jpg
04-03_assy.jpg04-04_assy.jpg

所感

2年以上使っていますが、特に問題はありません。
今回は、許容電流を大分おさえていますが、トライアックの放熱対策をきちんと取れば、定格通りの容量を得ることが出来ます。


2012-08-19 (日) 11:34:26

Elec



添付ファイル: file04-04_assy.jpg 358件 [詳細] file04-03_assy.jpg 354件 [詳細] file04-02_assy.jpg 338件 [詳細] file04-01_assy.jpg 343件 [詳細] file03-02_parts.jpg 420件 [詳細] file03-01_parts.jpg 375件 [詳細] file02_curcuit.png 422件 [詳細] file01_front.jpg 338件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-19 (日) 11:34:26 (1709d)